公演をご覧いただいた皆様の声

青い鳥

先生の声


長時間座っているのが困難な低学年ですが、60分間くいいるように見ていた様子も、十分ひきつけられていたことが分かりました。

子供達から笑い声があがるなど楽しめる場面があったり、青い鳥とは何なのだろうとじっくり考えさせられる場面があったりと内容が濃かったからだと思います。

幸せをつかむには、努力が必要なことを劇を通して感じさせていただけたことは、この時期の子供達にとってもとても良かったことだなと思います。

ありがとうございました。


はだかの王様

先生の声


低学年向きで分かりやすかった。子どもたちの評判もよかったです。

「はだかの王様」がアレンジされていて、深まりのある話でよかった。

歌や踊りが入っていて、最後まで引き込まれる劇でした。笑い声も多く聞こえました。

日頃の学校生活でも似た場面があるので、考えさせるのによい内容で、子供も楽しんでいました。


杜子春

先生の声


子供にとっては難しいテーマだと思うが、場面転換が分かりやすく迫力があったので、よく伝わったと思う。

最後に劇場を出たときに、役の格好のまま見送っていただいたのが子供たちの心に残るサプライズだったと思う。

笑う場面、考えさせる場面、悪いことをすると地獄へ行く恐い場面などよく工夫されていた。

親を思う心や勇気、お金より人の心、中身が大切であることなど6年生なりに学びとった子供が多くいた。

これからの人生において大事な考え方について、笑い所もたくさん入れながら演じてくださり大変よかったです。

また見たいとのこえが多くありました。

これまで見た「杜子春」の中で一番心に残りました。

お金より強い心をもつことが大切だと実感していました。

 


杜子春

先生の声


話を知っている子はほとんどいなかったのですが、子ども達の中に「原作を読んでみたい」と思っている子もいました。

読書にもつながる鑑賞となりました。

高学年は学習発表会で自分達が演じる側だという認識をもってみていた子が多くありました。そのため、演じることの素晴らしさ、伝え方等に感心している感想が多く、この時期に行っていただいて、とてもよかったと思いました。

杜子春が成長し、いろいろなことに気付いていく様を見て、子ども達もそれぞれ心を動かされたことと思います。

生の演技はやはり心にひびく大きさがちがいますね。


ヴェニスの商人

先生の声


児童には教員から、作品のテーマや考えてほしいことなど何も説明しないまま、観劇させましたが、一人一人が様々なことを受け取り考えていたので素晴らしいと思いました。

改めて、教育としての演劇教室の良さを感じることができました。


青い鳥

先生の声


児童が舞台の人物に自分の姿を投影して、一緒になって喜んだり、驚いたりする姿が印象的でした。


ヴェニスの商人

先生の声


子どもたちが没頭して劇の中に入っているほど、すばらしかったです。


青い鳥

先生の声


ストーリーもいいし、役者さんも演技が上手で、とても満足でした。


ヴェニスの商人

先生の声


高学年の児童に合った内容で、楽しみながらも、深く考えることができ、大変良かったと思います。

最後まで集中して観ることができました。

キャストの皆様の演技のすばらしさに引き込まれていたのだと思います。ありがとうございました。


青い鳥

先生の声


児童たちはみな集中して見ていました。

劇がおもしろかっただけではありません。鑑賞後の感想を読むと、みなさんの演技にとても感動していました。

ちょうど、学習発表会の練習をしています。どうすればみなさんのように、大きな声で、自信をもって唱ったり表現できるのだろうと興味津々でした。

とても良い刺激になったと思います。ありがとうございました。


走れメロス

先生の声


セリヌンティウスを助けに行く道中、魔女が現れて人のもつ心の弱さに付け込む場面の葛藤が考えさせられました。

最後の場面、メロス、セリヌンティウスともに自分の気持ちの揺らぎを謝罪し、固く握手したところに感動しました。

友を信じ続ける気持ちの大切さを改めて感じる作品だったと思います。

劇団の方々の迫力ある演技が圧巻で、子どもたちにとっても引き込まれる真剣なところ、怖いところ、笑えるところ、いろいろな場面があってとても楽しむことができました。

4年生にもちょうどよい内容でよかったです。


泣いた赤おに

先生の声


話の長さが1・2・3年生にちょうどよい長さで、また各所に面白いところがちりばめられていて、飽きずに見ることができました。

最後の青鬼が赤鬼のもとを去ってしまう場面では、感動して涙を流す子どももいました。

教室に戻ってから子どもたちに感動したところは?と聞くと、その場面を答える子が多かったです。

劇団の方々の演じ方も子どもたちにとって参考になったと思います。


杜子春

先生の声


主人公の杜子春が、周囲の人々との関わりのなかで、お金よりも人に対する思いやりや優しさの方が大切なのだと気づかされるというお話で、分かりやすく、子どもも大人も考えさせられるような内容でした。

声も聞き取りやすくてよかったです。


走れメロス

先生の声


演者さんの一生懸命な演技がとても良かったです。

走れメロスは、子どもたちも興味を持って物語を知っており、メロスが約束を果たすために走り続ける様子は子どもたちの心に残ったと思います。

劇中、村の仲間が結婚式に向けて準備する場面では笑いの要素があり、かけ合いに思わず子どもたちも笑っていました。

シリアスが多い内容の中で、「平和」「友」「勇気」「愛」などのテーマを分かりやすく表現されていました。


泣いた赤おに

先生の声


演者さんの登場とともに、子どもたちの目が輝いていました。

一人一人のキャラクターの良さがとても出ており、演劇を見終わった後も「私は赤鬼のファン!!」「ぼくは青鬼みたいな優しい人になりたい!!」「じさまとばさまが大好き!!」など話題が尽きませんでした。

「おもしろかった!」だけではなく「赤鬼さんはあの後、青鬼さんと会って謝れたのかな?」とか、「青鬼さんが犠牲にならずに済む方法はなかったのかな?」なども考えていて、低学年にもしっかりと作品のメッセージが伝わっていたように思い大変良かったです。

低学年にとっては場面転換を間近で見られたことも、興味深かったようです。


走れメロス

先生の声


内容がわかりやすかった

まじめなシーンだけでなく面白いシーンがあって目をひく場面が多かった

教室に帰ってからも劇の話で盛り上がった


泣いた赤おに

先生の声


とてもよかった

内容もわかりやすく良い刺激をもらっていた。

児童の心に響いた。

赤おにの心のありようを表現するのは難しいと思うが、小さい子でも分かるように丁寧に演じられていた。とてもよかった


ヴェニスの商人

先生の声


80分間のストーリーでしたが、場面ごとによくまとまっていて、子ども達も、内容がよく理解できたのではないかと思う。

衣裳も素敵で、物語の中に吸いこまれるような感じがしました。話が重くなりすぎず、しかし必要なメッセージは伝わるという

ような印象を受けました。


青い鳥

先生の声


児童が60分間、飽きることなく劇に集中していた。

それだけ登場人物やストーリーに、子供達を引きつける魅力があったのだと感じた。

物語の中での会話では、今どきの子ども達にも共感できるような一言が入れられていたり、動作が面白かったりと、とても工夫されていると思いました。

 


ヴェニスの商人

先生の声


役者の皆さんの動き、発声、間の良さ、洗練された演技、セリフ回しなど大変感動する内容ばかりでした。

友情と愛、罪と許しなどの心の葛藤等、考える場面があり良かったです。

笑えるコミカルな場面があり、飽きずに鑑賞ができました。

翌日の生徒発表のステージでも、皆さんの演技をまねようとする生徒が多く見られました。


ヴェニスの商人

生徒の声


ぼくは、自分の命と引きかえに、お金を借りてあげるアントーニオは、すごい友達だと思いました。けど、いつも馬鹿にしている人にお金を貸してもらうのは、ちがうと思いました。お金を貸したシャイロックにもウラの心があり、こわかったです。

ぼくはバッサーニオが好きです。みえはったりせず、自分の心に正直で、だれにでもやさしい人だからです。だから、自分の心に正直で、だれにでもやさしい人だからです。だから、自分のために、命と引きかえにお金を借りてくれる親友や、自分の親友を助けてくれる、頭が良くて、やさしいポーシャ姫と幸せになれたのだと思いました。

小さい時から、「人は鏡です」と言われてきました。

ぼくも、バッサーニオのように、正直で、だれに対してもやさしくする事を心がけます。


ヴェニスの商人

先生の声


楽しく夢中になって観ることができていました。

登場人物で「〇〇は~だった!」「〇〇はなんで~したの?」と話題になっていました。

最後に役者さんたちとハイタッチができて、とても喜んでいました。


青い鳥

先生の声


とても楽しい劇をありがとうございました。

子どもたちは、とても喜んでいてリアクションがよかったです。

子どもたちの日常におとして考えることができる場面もよくあり、特に「不幸」と戦う場面は観終わったあと話題になりました。


ヴェニスの商人

先生の声


友情・愛・知恵など、人生において大切なことを子どもたちにわかりやすく伝えられた作品になっていて、良かったと思います。

それぞれの役柄に合った演技をされていて、素敵でした。

ありがとうございました。

 


青い鳥

先生の声


「幸せとはどういうことか」ということが子ども達に自然と伝わる内容でした。

心を豊かにすることが大事であることが劇を通して伝わったように思います。

本当にありがとうそざいました。


ヴェニスの商人

先生の声


迫力があり、ステージに集中できました。

笑いもあったので、4年生も内容をしっかり理解できました。

6年生は舞台の背景や小道具など学習発表会に向け、とても参考になりました。

図書室に本を借りに行った子もいました。


青い鳥

先生の声


1年生でも内容がよく分かり、集中して最後まで鑑賞することができました。

集中して見入るところあり、笑いもありでメリハリがあり、とてもよかったです。


走れメロス

先生の声


SNS等に囲まれている子ども達に、リアルに「友情」や「信頼」が伝わり、とても良かったです。


泣いた赤おに

先生の声


低学年の児童にも分かりやすい内容・演技で、多くの児童が泣いたり、笑ったりとひきこまれておりました。


泣いた赤おに

先生の声


迫力ある演技に引き込まれました。

内容も高学年向きだったので、子供達も真剣に見ていました。

中央の通路をメロスが通る場面では、とても喜んでいました。


泣いた赤おに

先生の声


登場人物たちのかけ合いや歌や踊りなど、子供達は楽しそうに鑑賞していました。

笑いの中にも、最後のシーンに向かうにつれて、感動する内容となっており、低学年に合ったものでした。

退場する際、演者さんとタッチできたのも嬉しそうでした。


泣いた赤おに

先生の声


低学年の子供達に分かり易い題材で、出演する方の発声、身振り、目線、立ち位置などの効果が計算されており、子供達も引き込まれて鑑賞していた。

出演者の見送りも子供達の心に残ったと思います。

ありがとうございました。


杜子春

先生の声


学校の体育館という場所でも、背景、照明、音響等効果的にできることがわかり、大変参考になります。

演者の演技も中学生に対して訴えるものがあり、楽しめた演目だったと思います。


ヴェニスの商人

先生の声


本格的な演劇でありながら、とても分かりやすい内容で生徒は楽しんで鑑賞することができました。

短い時間でしたが、実際に代表の生徒に演劇の指導をしていただき、学園祭で行う演劇づくりの参考になったと思います。


泣いた赤おに

先生の声


テンポよく、表情や動きが大きくて分かりやすかったため、子供たちが感情移入しやすかった。


走れメロス

先生の声


本校のような地方の中学生にとって、本物の演劇を生で見ることができる機会は、ほとんどないというのが現状です。

そんな中で、本日鑑賞できた「走れメロス」は、内容も分かりやすく、演ずる人の迫力も直に伝わり、生徒にとって、とても貴重な体験であったと思います。

また、演劇として楽しく鑑賞できたことはもちろん、学園祭で演劇を考えている生徒にとって、キャストから学ぶことの他にも、背景の転換や、照明の効果、また、音響の工夫など多くの生徒がいろいろなことを学べたことと思います。


ヴェニスの商人

先生の声


高学年でも、感情移入しながら鑑賞できました。感想として、途中笑いを誘うところもあり、子供たちはとても満足した様子でした。ありがとうございました。


青い鳥

先生の声


低学年にも分かりやすく楽しめる演劇でした。劇の最中、子供たちは大変食いついて見てました。劇を見終わった子供たちは口々に「おもしろかった!」「楽しかった!」と言ってました。


杜子春

先生の声


演題も原作者も知らない児童がほとんどで、プレ学習をどこまでしておけば良いのか悩みましたが、

素晴らしい演技、演出に児童はひき込まれ、一人一人が杜子春を楽しむことができたようでした。

お金に目がくらんで心を失った杜子春に対しての感想を聞くと、道徳的なことも学んだ児童が多くいました。


走れメロス

先生の声


シリアスあり、笑いありで最後まで楽しめました。

舞台からとびおりたり、客席の後ろから出て来たりと、

子供に近い演出もあって、良い反応をしていました。


ヴェニスの商人

生徒の声


3年間見させてもらったが、毎回違う発見がある。

10人で作り上げられているとは思えない。

役になりきって堂々としている。

音の使い方、暗転時のはけ方、場面転換のテクニック、全てが勉強になる。

一緒に写真を撮ってもらって嬉しかった。


ヴェニスの商人

先生の声


お忙しい中「ヴェニスの商人」を上演してくださり、ありがとうございました。

演劇を見たことがない生徒がほとんどでしたが、劇団め組様の時に明るく、時に情熱的な演劇に見入っていました。ステージから離れていた生徒もイスの上に立ち上がって見るほどでした。

機会があればまた上演をお願いしたいです。

素晴らしい演劇をありがとうございました。


杜子春

主催者の声


この度は素晴らしい作品を上演していただきましてありがとうございました。

80分間という上演時間は少し長いかと思いましたが、実際は劇が進むにつれ、どんどん引き込まれて、あっという間の80分でした。涙している人も多くいて「素晴らしかった」「感動した」「親の思いの深さを知った」等の意見がありました。

今回お越しくださいましたメンバーの皆さん、礼儀正しく素晴らしい皆さんでした。そのような皆さんだからこそ、劇に命が吹き込まれ感動、そして私たちにとって大切なものがなにかということを伝えてくださったと思います。


ヴェニスの商人

先生の声


分かりやすい台詞や動作で、ユーモアも交えた劇で子供たちが80分間興味をもって鑑賞できました。

後半の裁判の場面でも、子供たちが話のなりゆきを真剣に見ていました。子供たちに合った劇でした。ありがとうございました。


青い鳥

先生の声


子供達は皆たくさん笑っており、私も引き込まれるように観ていました。

すぐに素直にあやまる事や幸せは毎日の生活の中にあるなど、道徳的にも大変すばらしかったです。


走れメロス

先生の声


観客を飽きさせない工夫が随所にあり、また迫真の演技に引き込まれました。

多くの生徒が楽しめた作品で、教員も同様に楽しむことが出来ました。


はだかの王様

先生の声


子ども達は、初めて見る本格的な演劇に圧倒されて、最後まで夢中になって見ていました。団員さんの声の張り方、動作の大きさ、準備の素早さに気づき、普段の自分達の発表を振り返り、はずかしがらずにやってみようという意欲も芽生えたようです。

ストーリーもわかりやすく、子ども達のワークシートには、「ヘインズさんがつくったようふくがやぶれて、なきそうになりました。」「王様が、はだかでいたから、おかしくておもじろかったです。」「二人がうそをついても、エリサがほんとうのことをいったからすごい。」「ゆう気を出して本とうのことをはなすことは大切なことだと思った。」等、喜怒哀楽に満ちた感想が書かれており、勇気を持つことの大切さがしっかり伝わっているのがわかりました。


青い鳥

先生の声


子どもだけでなく、大人も楽しめる内容だと思いました。

ダンスや歌が盛りこまれており、見ごたえがありました。

場面が変わる時の舞台操作でも、それぞれの役らしい動きをしており、見ていて飽きずに楽しめました。


杜子春

先生の声


最近では、このような名作を学芸会で演ずることが、ほとんどなくなってしまいました。

だからあえて、昔からある名作を見せたいという思いで、選ばせていただきました。


杜子春

先生の声


杜子春の世界を、子供たちにわかりやすいように演じてくれてよかった。

起承転結で、場面ごとに話のつながりと迫力満載で、見ていて興味深かった。

芥川龍之介の世界観、そしてお金より心の大切さを、しっかり子供たちが学べてよかった。

スポットや風景の幕で情景を豊かに表現しているのも、とても印象に残りました。

 


杜子春

先生の声


ほとんどの子供たちが、知らないお話でした。

しかし、こちらもまた子供たちが、お話にどっぷりとつかり、見入っていました。

楽しさあり、迫力あり、驚きあり、・・・80分間があっという間でした。

テーマに子供達もせまっていたと思います。


はだかの王様

先生の声


子供達が、すいこまれるように見入っていました。

笑いあり、考える場面ありと、とても素晴らしいものでした。

場面転換も上手に取り入れられていることにも、感心いたしました。

伝えたいことが、子供に伝わったと思います。


ヴェニスの商人

先生の声


4年生には、ちょっと内容が難しいかなあと思いましたが、4年生の感想を聞きますと大変勉強になったようです。自分達も発表会を控えており声の大きさ・出し方、効果音等参考になり意欲にもつながったようです。


青い鳥

先生の声


前半のテンポのよい笑いを誘う場面からしっとりと内面に問いかける場面に移行して行き、十分に子ども達に訴えかけるものが伝わったと思います。感激のあまり涙を流す子もいました。


劇団へのご意見・ご感想

先生の声


劇団員の皆様には一度に2作品は大変であったと思いますが、そのようなコンセプトが今回当校には、年齢的にうまくはまった感じで教育的効果が高かったと思います。ありがとうございました。


走れメロス

先生の声


太宰作品が見られるということで、期待していましたが、それ以上に子どもたちに感銘を与えてくださいました。観劇を見ても「おもろしかった」の一言で終了することが多かったのですが真剣なまなざしと心の奥で感じている様子が態度と感想文からも伝わってきました。

(コピーして同封しました。目を通していただければ幸いです。)


泣いた赤おに

先生の声


子ども達がものすごく劇に集中していたので、低学年の先生方もゆっくりと観劇を楽しむことができましたと評判です。

(普段は落ちつかず、手を焼いている子ども達ですが、すっかりめ組のとりこになっていました。)


杜子春

先生の声


高学年の子どもたちも、感想の中に とてもいい内容の劇でした という意見が多かったです。主人公の杜子春になりきって劇にはまって見ている児童が多かったです。子どもたちに 人として、人間として何が大切なのかを考えさせるいい機会になったと思います。


はだかの王様

先生の声


低学年の子どもたちは、劇の中にはいりこんで、集中して、見ていました。
あっという間の60分間だったようです。おもしろいところは、わらい 劇の内容も全体的によく理解できているようでした。


走れメロス

先生の声


長い時間でしたが、表現力豊かな役者さんのおかげで、作品の中に入り込んでいました。気付いたらあっという間に終わりの時間、という感じでした。メロスが途中、様々な困難に遭いながらも友達の約束を果たすため、一生けん命に走る姿がかっこ良かったです。
友情や正義について、自分と照らし合わせながら観れる作品、大変良かったです。


泣いた赤おに

先生の声


1〜3年生の子ども達にぴったりの内容、時間でした。
途中、笑いもあり 心に響く部分もありで、低学年の子ども達も集中して作品を観ることができたと思います。


ヴェニスの商人

先生の声


シェイクスピアということで、内容が難しいのではないかと心配していましたが、子どもたちにとてもわかりやすい演劇でした。
テーマも高学年に合っていて、「友達の大切さ」「情けをかける」など、子どもたちも気づけたと思います。ありがとうございました。


青い鳥

先生の声


子どもたちが引き込まれる劇で、楽しんでいる様子が見られました。とても良かったと思います。
最後があっさりと終わったので、もう少し余韻に浸れるとなおよかったと思います。


ヴェニスの商人

先生の声


子供達が最後まで集中していた姿が、この作品に対する評価です。

ハラハラする展開に、自然に引き込まれていたようでした。

見事でした。


青い鳥

先生の声


とてもわかりやすく、子供達にメッセージを伝えることができていたと思います。

終了後、教室で涙を流している2年生の子がいました。

多くの子が「感動した」と言っていました。


青い鳥

先生の声


ダンスや歌が盛りこまれており、見ごたえがありました。

場面が変わる時の舞台操作でも、それぞれの役らしい動きをしており、見ていて飽きずに楽しめました。


はだかの王様

先生の声


はだかの王様という童話を児童が読んでいなかったことに、学校のみならず家庭教育での課題を見る思いでした。個人的に劇を見れなかったものの、職員室においての会話の中に、「ずっと見ていたかった。」という声もあり、大変好印象であったことが伝わってきました。